電子機器に触れる時間をチェックして減らしてみよう

人間の今までの歴史になかったもので、現代社会に大きく必要とされているものの一つに、スマホが挙げられます。技術の進歩というのは、人の生活をかなり便利にしてくれます。実際、スマホの出現というのは革命的な変化を世界中の人々にもたらしたと言ってもいいでしょう。しかし、一方でスマホは私たちの生活に、今までにない負担を与えています。

というのも、スマホの利用、特にSNSの登場によってより多くの人とのコミュニケーションができるようになりましたが、その反面として直接人と面と向かって話をする機会が減ってしまいました。直接会って話せば生じなかった誤解なども生まれるようになり、対人関係によるストレスが多くなっています。SNS上でのいじめなどが多くなっているのも、こうした誤解やストレスの一つの表れだと思います。

また、様々な技術が進歩しているとはいえスマホの画面を見続けることによる負担は大きいです。ブルーライトを夜間に見ることで、寝つきが悪くなり睡眠の質が下がったりすることはよく言われています。当然身体的な負担も大きくなりますので、スマホの長時間の使用は気を付けるべきでしょう。

こうしたことから、自分が普段どのくらいの時間スマホを触っているかをチェックすることが大切です。その上で、できるだけスマホを使わない時間を増やせるよう意識すると良いでしょう。特に仕事が終わって帰宅してからの時間は、可能な限りスマホを使わないようにすることが重要です。その分、のんびりと本を読んだり運動をしたりする時間を取るようにして、日中の仕事の疲れとストレスを解消できるように努めましょう。確かにスマホでも癒される動画を見たり、ゲームをしたり、友達と話したり、色々な方法でストレスを解消できると考えるかもしれませんが、同時に負担となる部分も多いので、スマホ以外のストレス解消法を探した方が効果的と言えるでしょう。

現代人の生活にとってスマホなどの電子機器はもはや欠かせないものとなっています。そのため、完全に私たちの生活から切り離すことは不可能です。せめて、のんびりする時間くらいはスマホを離れてみるという意識を持つようにしたいものです。試しにこれを実践してみると、眼精疲労や睡眠の質などが改善していくのが実感できると思います。まずは一週間程度試してみて、その効果を感じてみるのはいかがでしょうか。

Copyright © 毎日元気に過ごしたい! All Rights Reserved.